情報収集·調査研究事業

日本の科学技術研究発展のための様々な調査・研究・分析を行っています。
また、日本人・外国人研究者の研究環境や労働環境の調査や各所への提言、
海外の優秀な研究者招へいのための環境整備などを担っています。

業務概要

科学技術の発展のために、研究者の国際交流は欠かすことができません。しかしながら、海外からの受入研究者数は現在も増加傾向にありますが、長期受入研究者数は平成12年度以降ほぼ横ばいで推移しています。また、日本から海外への派遣研究者数も横ばい傾向にあり、なかでも長期派遣研究者数についてはピーク時の半数以下にまで減少しています。科学技術基本計画に基づいて、より活発な交流を促進するために必要な調査研究を実施しています。
 

JISTECの調査研究では、調査テーマが他の調査事業の内容と関係する場合、JISTECの有するネットワークを活用し、それぞれを複合的に連動させながら総合的な知見を得るという独自性を有しています。 また、調査事業に連続性を持たせることで、きめ細やかなフォローアップを行い、過去の調査結果についても随時検証を行っています。

 

調査研究で得られた成果は広く一般に公開しています。以下よりそれぞれの調査事業の概略と報告書(本書または/および概要版)にアクセスできます。
 

 

主な運営事業