【新しい科学技術イノベーション政策下における理解増進拠点の在り方】
 
 
 
 
 
 
 
[平成26~27年度(一財)新技術振興渡辺記念会助成事業]

標記調査は、次の表題の単行本として刊行しました(発行:科学技術国際交流センター、販売:実業広報社、定価1,000円+消費税)。 


『イノベーションと科学館-8K科学館構想-』

 科学館は現在三重苦の状況におかれていると言われています。①施設や展示物の老朽化、②それら老朽化に対する改修・リニューアルも困難な厳しい財政状況、③科学館の機能を発揮するための人材の不足、などです。その結果、科学館の集客力は低迷し、科学館の存在意義が低下するとともに、入館料などの自己収入も減少するという悪循環に陥っています。科学館は、何らかの政策的な転換が求められているといいでしょう。
 このような中で、大正初期・中期における「教育博物館の奇跡」があったことは注目したいと思います。明治末年には3万人にまで落ち込んでいた教育博物館の年間入館者数が、10年後に66万人(大正10年)にまで上昇したのです。
 本書は、第5期科学技術基本計画を踏まえた科学館のこれからのあり方をこの「教育博物館の奇跡」に照らして考えてみようとするものです。
 巻末には、毛利衛日本科学未来館館長、藤澤秀一NHKエンジニアリングシステム理事長(前NHK技術研究所所長)の最新のインタビューが加えられています。

*******

こちらからご購入いただけます(amazon)